レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
インパクト大
近くのスーパーで
こんなものを見つけました。


このパッケージ、リアルすぎませんか?

一見外国の物?と思いましたが
れっきとした北海道旭川の製麺会社のものでした。

あまりのインパクトに度肝を抜かれてしまい
思わず買ってしまいました。

塩、味噌、醤油

と3種あります。

生麺を乾燥させたらしく
本格的な食感が楽しめます。

暑い日にこんなラーメン。

いかがでしょう?


『シロクマ塩ラーメン』のパッケージも
超怖かった〜

オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
”食”で世界旅行
女子会のつもりが、急きょ

『世界の料理を食べて、海外旅行気分を楽しもう!(仮)』

ということになりました。

これって、東京の醍醐味かもね。

メンバーは

30代代表
神楽坂でギャラリー経営のみいこ

20代代表
ananでも人気のイラストレーターの
秋山花ちゃん

そして私は40代代表。いぇい!

さらに、女子会じゃなくなったので
新たに男子代表で
NHKの『トップランナー』をつくってる小川氏が参戦。

まずは、おとなりの謎多き国、ロシア料理に挑戦。

お店の人もお客さんもロシア人で
気分は旅行気分。

ボルシチもピロシキもストロガノフも
最高に美味しかったです!

しかし、最近どうもロシア人を見ているだけで
みんなスパイに見えてしまうのよね。。。

■赤かぶとにしんとポテトのミルフィーユサラダ。


オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
できた!
梅シロップを浸けてから2週間たちました。

きょうから飲めます。

炭酸入りのミネラルウォーターで割って飲むのが
最高に美味しいです。

今回は、実家の味をしのぐ出来映えでは〜?

甘さと酸味がいい具合です。
黒酢の風味も生きてます!

R0014389.jpg
■こんな様子

R0014387.jpg
■梅はしわっしわ!

R0014393.jpg
■美味い!
オサレに食べる comments(4) trackbacks(0)
青梅の季節
この季節になると、八百屋さんの軒先に
青梅が沢山並びます。

金物屋さんの前には、
梅酒用の保存容器が特価になって並びます。

我が家には、梅酒が3種ありますが、
私以外お酒を飲む人はいないし、
ひとり、家でお酒を飲むことがあまりないので
なかなか減りません。
だれか一緒に飲んで下さい。笑

ですが、毎年息子は

『梅シロップ作って』と言います。

炭酸で割ってお風呂あがりに飲むのが好きなのです。
あっと言う間になくなります。

いつもの有機野菜を売っている安田屋さんで青梅を1キロ買って、
近くの金物屋さんで、容器を買いました。

一晩凍らせた青梅1キロに氷砂糖を1キロ入れます。
(去年甘みが足りなかったで同量にしました)
今年は、80mlの黒酢をいれました。

あとは、2〜3週間で出来上がり。

さらなるレシピ

容器に入りきれなかった
青梅4つと氷砂糖同量に
麦味噌(味噌は何でも良い)を加えて、
特製梅ドレッシングをつくります。
1:1:1の割合。

出来たものはドレッシングはもちろん
豚肉をつけ込んで焼くとおいしいそうです。

安田屋さんに教えていただきました。

楽しい観察の日々が続きます。

R0014316.jpg
■去年の梅シロップ作りの記事はこちら→



オサレに食べる comments(2) trackbacks(0)
良い眺め


これな〜に?










正解:東京スカイツリー


これの倍になるんですね〜。たか〜。


こういうところは近寄りがたいですが、時には良いですね。
松坂牛のミニミニハンバーガー。ソースの器がモッダ〜ン。
オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
女子会
久しぶりに女子3人でご飯を食べました。

最近本当に友達と外食することが
少なくなったな〜と思います。

そのぶん、家で夕食作ってるって事ですけど。

この日のお仲間は、
ギャラリー経営のみいこ
女性建築家のまやさん。

ふたりともとても魅力的な
女の子ですが、ただいま婚活中。

なんで、世の男性諸君は
この2人の良さに気づかないのかな〜?

だれかいい人いないかな〜?

■自由が丘のbake shopにて。
オーガニックワインと自家製パンといろいろおつまみ。

■しめのタルト。
ごちそうさまでした。

オサレに食べる comments(2) trackbacks(0)
北京的グルメ
今回の旅は、現地の友人が
一緒だったという事もあり、

食事のほぼ半分をそのご家族と一緒に
北京の代表的なお食事をごちそうに
なりました。

友人のご両親、弟さん家族、姪っ子さん、などなど。。。
総勢15人!!

普段よく食べる子供達も、

『もうご飯!!!???』

というほど、お腹いっぱいで消化しきれないほどの
グルメを堪能致しました。

今回は、その北京的グルメを一挙公開!!

■一日目夜
春雨、すなぎも、ザーサイ、ネギ、などなど、とってもから〜い鍋。
新世界商場というデパートのフードコートにて。

■2日目昼
故宮の北西にある、北海公園付近の北京料理やさん。
パイのようなごま付きパンにお肉と野菜炒めをはさんで。

■2日目夜
餃子専門店。驚きの100種類以上の餃子メニュー
になみに、北京はすべて水餃子。

■3日目朝
24時間営業の飲茶やさん。朝から地元の人たちで大にぎわい。
こちらは、温かいドウジャン(豆乳)。お砂糖を入れて。

■3日目夜
子供達お待ちかねの北京ダック。
この為に、お昼は控えめにしたという周到ぶり。
こちらは、有名な『全聚徳』。


■4日目朝
この日は、万里の長城に向かうため、6時半出発。
弟さん運転の車中にて、露店のほくほく点心を頂きました。
朝早くから営業してます。


■4日目昼
北京に戻り、羊肉のしゃぶしゃぶ。シャウンヤンロー。
びっくりするほどさっぱりしていて、全く臭みもなく凄く美味しいの!
ゴマだれに付けて食べます。しめは、餃子のしゃぶしゃぶ。
この盛り方見て!



■4日目夜
早くも、最後の晩餐。
日本と違い、最後の夜は、家でのおもてなし。
ご両親の家で、弟さんご夫婦の手作り家庭料理。
ローカルな市場でのお買い物にも参加しました。
薄く引き延ばしたパンに、お野菜やお肉の炒め物を挟んで
豪快に頂きます。とっても美味しかった〜!


■5日目昼
北京最後のご飯。
山東料理の麺やさん。ちょい辛の汁麺と、
汁なし太麺のピャンピャン麺。


これで、北京語がばんばん飛び交う中の
超、北京的グルメ終了!

こんなに食べるのに苦労したことはないという程
食べまくりの日々。。。

でも、日本でいうところのこってり中華ではなく、
不思議にさっぱりとした料理ばかり。
で、カロリーオーバーにはならなかったような。。。たぶん。。。


オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
こおやって食べよう
昨日の続き。

MIDORIの牧内さんからもらった
イタリアンブレッド

実は、こちら、キューピーのCM
福山さんが列車の中でほおばっているパンです。
あれを作ったパン屋さんが、
特別に試作で作ったんだそうです。
福山バージョンです。うふ。


セバス氏がほおばる


お昼は、三島でうなぎ。
こちらも、有名な『桜屋


セバス氏ほおばる

美味しそうにたべるよね。

オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
新年会
中高時代の親友達と新年会。


丸の内に昨年できた新しい商業ビルですが
ここは、なかなか良いところです。

新旧の良さが交差して
平面の広がりも感じさせる空間です。


で食事をした後、

ブリックスクエア内の
三菱一号館』の『cafe1894』にて
根が生えるほど、まったり。

ここは、丸の内初のオフィスビルとして
英国人建築家のジョサイアコンドルが設計した建物を
当時の材料を使用しながら復元された建物です。
ビクトリア時代の、クイーンアン様式です。

カフェは、銀行の窓口をそのまま残してあり
優雅な財閥系空間を感じる事が出来ます。

今年、4月には美術館もオープンします。

丸の内、なかなか良いじゃないですか。

岩崎弥太郎さん(龍馬伝、見てるよ!)
三菱財閥つくってくれてありがとう。

■ブリックスクエアの中庭から、『三菱一号館』。

■カフェの中。天井たかー!



オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
はやりそうな予感
BAKE SHOP

という、新しくオープンしたお店の
レセプションに行って来ました。

ベイクショップ
とは。。。

アメリカのブルックリンあたりでは
普通に存在するらしいです。

パンや焼き菓子やコーヒーやワインなんかが
気軽にいただけるお店だそうです。

おもに、バス停の近くにあって
お母さんが、子供を送ったあとに寄ったり、
お迎えのときに、子供と一緒におやつを食べたりするところ
だそうですよ。

なんかいい感じですね。

また行きたい。そう思わせるお店です。

場所は、自由が丘。

なんと、4F。
路面じゃないところがすごいね!大人だね!

イデーショップの4Fですよ〜。

■どれも、すばらしく美味しかったです。
お店も可愛いです。

    目黒区自由が丘2-16-29 4F 

オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>