レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アメリカンビーフLOVE
とあるお誘いを頂き
アメリカンビーフを食す会に参加してまいりました。
(一応お仕事で。。。えへ)

三浦半島に引っ越ししてからというもの
お魚率が高くなっていたので、久々にお肉というものを
じっくりと味わいました〜

アメリカンビーフって、広大な敷地で餌も自前の牧場で生産されて
それを食べているからコストが抑えられてリーズナブルなんですって!

銀座の”ラトゥール”というフレンチレストランの清水総料理長☆
最近注目されている”低糖質料理”を推奨しているシェフなので
霜降りの和牛より高タンパク低脂肪のアメリカンビーフが適している
そうなので普段から取り入れていらっしゃるんだそうですよ!

直伝のオーブン料理を2品。簡単だからこそのコツを
厨房で教えて頂きました!

まずは”グリエ”
室温に戻したお肉にたっぷりと胡椒をふります。
塩は振らずにグリルパンで両面にしっかりと焼き目を付けます。
そうしたらここで塩を振ります!ここがポイント!!
生のお肉に塩をふってしまうと浸透圧で水分と一緒に肉汁が流失してしまうんですって!!
知らなかった〜  ”塩 胡椒”ってお約束だと思ってた〜〜

そして、アルミホイルをかぶせて200度のオーブンで5分程蒸し焼き。
取り出したらそのまま10分程休ませる。ここで熟成されるんですって!!
ただ焼くだけどと思ったのに結構奥深い!!

意味もしっているとなおさら
美味しくなる理由が分かるからお料理するのも楽しくなりますね。

そして、もうひとつは”岩塩包み焼”
(まあ、大きなお肉のかたまり!800gですって!)
こちらも胡椒を振ったら焼き色を付け、
たっぷりの岩塩に小麦粉と卵白を混ぜてしっとりさせたらすっぽりと覆うだけ

そして200度のオーブンに10分程。取り出して20分熟成タイム!

左がグリエ、右が岩塩包み。
とてもジューシーで美味しかったです〜

こちらはデザート。お肉の後のベリーは相性抜群でしたよ♡

たっぷりとコース料理を堪能しましたが
満足感があるのに胃にも優しい感じがして
とても気持ちよく?!お肉を頂けました。

ごちそうさまでした!!

今度は自分でも作ってみよっと!



オサレに食べる comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://watashiosare.jugem.jp/trackback/499
<< NEW | TOP | OLD>>