レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
壮絶!40日間

本日退院!

40日間の入院生活でした。

自分のためにおさらいをしておきたいと・・・。
やや、せきららなのでご興味がおありの方のみ
お読みください・・・。



10月31日
そもそも、
『卵巣脳腫茎捻転』(腫れた卵巣がねじれる現象)
で救急車で運ばれた私は、緊急手術を行い
右の卵巣全部と左の卵巣を一部摘出し
婦人科に入院しました。

11月2日
その後に、なぜか、胸の痛みと息苦しさが加わって
手術の傷口より、その痛みと戦っておりました。

痛い!苦しい!
『い、痛み止めくださぁ〜〜い!!!』
と3日3晩うなされてた診断結果は、
膿胸といわれる『胸膜炎』。なんらかの感染です。
肺が膿み、水がたまるという現象がおきてしまいました。
その量うそでしょ?の2リットル?!

11月5日
呼吸器内科の主治医と、私の持病(SLE)の関連も
疑わしいので膠原病の主治医がつき、治療に当たってくれました。
何が起こっているのか、良くわからなかったけど、
『あ〜助かるんだ〜』とひとまず安堵しました。

11月12日
抗生物質を投与し、少しずつ炎症は抑えられたようですが
肺の水が一向に減らず、呼吸器の先生より、
『治療の限界です。今日管を通して肺からお水を出しましょう。』
きょ、今日?今から?

外科の先生が研修医を引き連れてやってきました。
プチ手術です。
肺に穴をあけて直径1.5cmくらいのカテーテルを差込まれました。
出てくる液体は、『お水』とは程遠い、
アセロラドリンクのような赤い液体&白い膿
一度いれたらジャーっと出るのかと思いましたが、
ちょろちょろっという感じで、何日間か
管は入れっぱなしだと聞かされました。

このとき私は、ほぼ放心状態で、
処置が痛いとか、研修医がしらーっと見ていた事とか
そんな事はどうでも良くて、ただひたすら、
病室に戻って号泣していました。

『婦人科にいるのに、なんでこんな事になっているのよ?』
情けないし、悔しいし、とにかく涙が止まらない。

しかし、この後も容赦なく
私に不幸が襲い掛かるのです。

・・・・く、く、苦しいっっ>>>>

痛いんじゃなくて、この上なく苦しい。
息が出来ない。なにこれ??!!

苦しいよぉ〜〜〜・・・・
助けてぇ〜〜・・・・

ナースコール、激押し!!!

・・・その日の真夜中、ベッドごと病院中の
あらゆる検査室を駆け巡り
沢山の先生に取り囲まれて、
何がなんだかわからないまま
半分意識不明。

11月13日
翌朝、うとうとしていた私が目を覚まし
先生から聞いた言葉が
『石井さん、心臓にお水がたまってます。あと、逆側の肺にもお水が・・・』
『・・・』
この時点で死ぬと思いました。
体中に水がたまって溺れ死ぬんだ私。

みると、両手に沢山針が刺さっていて
その脇には、豪華シャンデリアのごとく
ぴっぴっとなる機械や点滴がぶら下がっており、
サイボーグ人間が生まれる瞬間みたいになっていました。

心臓の水の原因は、私の持病(SLE)だそうで、
外的&精神的ストレスで、私の免疫が
自分を攻撃してしまったということなのでした。

私の治療方針が
ここで何が起こっても大丈夫なように
万全体制になりました。

6人部屋から2人部屋に移されました。

そして、この日を堺に
『い、痛み止めぇ〜!』の
ナースコールはなくなり

11月14日
入院以来もっとも穏やかな朝を迎えたのでした。

11月15日
カテーテルを抜き、更に快方へ。

その後、
11月18日に呼吸器内科へ移動、
11月26日に膠原病科へ移動。

一本一本点滴の針が取れ、内服薬に代わり

11月28日
ブログ再開となったのです。


生きている限り、何が起こるかわからない。
そう実感した40日。
壮絶!激闘!!

きっときっと、この経験は私に何か大きなものを
残してくれたはず。(と思いたい。)

私を、助けてくれた
婦人科 若山富三郎似のK先生、高島ちさこ似のT先生、
呼吸器内科 フェミニンなS先生、男前なO先生、点滴が下手なO先生、
膠原病科 大先生K教授、知り合いに似たK先生、おしゃれな小島よしお(笑)似のM先生。

そして、大勢の看護師さん
お見舞いを送ってくださったお友達
駆けつけてくださった、皆様。

そして、なにより、私の家族。

ありがとうございました。

本日退院!
私、良く頑張ったよね◎。

病院

オサレな入院 comments(15) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








何度も思うけど、ホントよく頑張ったよ!
あの痛みによく耐えたと思う。
きっとこれから幸せなことがいっぱいあるよ!
from. sumie | 18 |
退院おめでとう!!

うわーん! 本当に大変だったんだねー。
こんな辛さを耐え抜いたkanchanは、
より一層いいオンナになってると思うよー。
そして、きっと、これからはいい事テンコ盛りさ!
from. kaku | 19 |
退院おめでとうございます。メールを見て泣いてしまいました。。。
とにかくよかったです。。
from. Hiroko | 19 |
一番辛い時期に励ませなかったけれど、もとのkanchanに戻れる日を切に願っています・・私も卵巣膿腫持っていたよ・・でも何もならなかった・・子供産んだら治っていたの・・
これからの毎日がさらに幸せで楽しいことがたくさんでありますように・・
退院おめでとう・・♡
from. wacchan | 20 |
いしいさん、退院おめでとーー!
シャンデリアからの回復の勢いはすさまじいね☆
これからは、このままうなぎのぼりだよ!

治療の話、怖いって分かってたのに、またじっくり読んじゃった。。
それで改めて、いしいさんすごいって思った!
すごい体験をして、ほんとにそれを乗り越えることができたんだもん。

しばらくはおうちでゆっくりで、完全復活したら、お祝い会しようね!
マクロビ&アルコールlessでね♪
from. miko | 22 |
退院おめでとうございます!!
あまりにも壮絶で言葉が出ませんが
落ち着いたらお顔を見に行きますね。
from. カナリア | 00 |
sumieさん
全ての病棟にお見舞いに来ていただいて、
本当にありがとうございました。
肺の管の話も、sumieさんに聞いていなかったら、
もっとショックが大きかったと思います。
また来年早々に遊びに来ますね!

kakkuさん
そう?オンナっぷり上がったかしら?
本当は、病院じゃなくて金沢に行ってグルメを満喫している
はずだったのにね!(笑)今度会うときは元気な姿で会えるよ!

hirokoさん
本当に大変でした!ブログでは100分の1ぐらいしか書けなかったけど
とにかく復活しました。頂いた本は、初期の辛い時癒されたんですよ。
また遊びにいきます。



from. kanae | 13 |
wacchan,
なくなってたなんて羨ましい!私の脳腫はねじれてしまったから
もう取るしかなかったのよ。でもすっきりしました。(笑)
wacchanもお子さんの為にも身体に気をつけてね!

miko,
いつも、明るく勇気付けてくれてありがとうね。
今回ばかりは、いつもの調子でのう天気ではいられなかったけど・・・。
豪華シャンデリアの後も長い道のりでようやく退院できたわ。
アルコールレスは悲しいけど又あそびましょう!

カナリア様
あ〜ん!あの日の晩から始まった悪夢でしたが、
ようやく落ち着きましたぁ。涙
こんなことになるなんて、夢にも思わずでしたが
カナリアさんも、お体にはくれぐれもお気をつけ下さいませね。
来年以降もまた宜しくお願いいたします!!
from. kanae | 14 |
kanariaアシスタントのnonです。
kanariaで撮影の後に入院されたと聞いてどうしてるのかなぁと思い、
そしてこのブログを見てびっくりしました。
壮絶すぎて!
退院ほんとにおめでとうございます!
ほんとによかった。

また一緒にお仕事できる日を楽しみにしています。



from. non | 18 |
nonちゃん、
コメントありがとう!
そうなのよ〜。人生何が起こるか判らないわねぇ。
壮絶すぎるでしょ?生還した私と又一緒にお仕事
してくださいませね!では〜。師匠にも宜しくです。
from. kanae | 19 |
石井さん、
退院ほんとうにおめでとうございます!
こんなにこんなに耐えたなんて!!涙
viva健康!vivaオサレ!
from. kaoru | 23 |
ほんとよくがんばりました。拍手っ!!
ご褒美は次回極上アカスリご招待!!決定!!
しかもオイルマッサージもつけよう!泣っ!!
えらいっ!
やっぱりがんばった人にはぷちなご褒美がないとね。
遊びに出かけられるよう、全快お待ちしてますよ。
from. tomo | 09 |
kaoruさま
頑張ったわよ私!母は強いわよ。子供のために生きなきゃ〜
って思ったもの。こうやってオンナは強くなるのね。
これからも宜しくです!

tomo姉さん
お久しぶりで、こんなご報告・・・。ご心配お掛けいたしました。
今回は手術の傷と肺の管の傷と、心の傷?!が出来てしまいましたが、
そこらへんをさけて、入院中にたまったリアルな40日分の垢を
ごっそり、あかすりで落としたいです〜。
それから、お母様にも宜しくお伝え下さいませ。



from. kanae | 18 |
こ、こんなに大変なことになっていたとは。。。
すみません、ご連絡が遅れて。。。
今日、kanariaさんと撮影で教えてもらいました。
退院よかったです!涙 おめでとうございます。

壮絶な40日間、
それを越えたということは、
きっと、幸せなことや、大切なこと
大きなことがいっぱいあるということですよ!

まずはゆっくり休んで、
またお仕事一緒にしましょう!
私も来年は少しだけ休みに入りますが、、、
頑張ります!

from. mineo | 19 |
mineoさん、
そうなんですよぉ!自分でも予測不可能でびっくりしてしまいました〜
ここには書ききれない事も沢山ありましたが、とにもかくにも
私、生きてます〜〜!!
mineoさんもこれからは特に身体を大切にして欲しいので、
あまりご無理をしないようにお願いしますね。
来年以降のキーワードは、家族で健やかに!で決まりですね!!!
from. kanae | 22 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://watashiosare.jugem.jp/trackback/42
<< NEW | TOP | OLD>>