レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
刺激的な。。。
最近、家にあった北欧に関する本を
数冊読み返しました。

建築やデザイン、インテリアの内容のものが
多かったのですが、
中でも面白かったのは、


という本。片桐はいりさんの初エッセイです。

話題になった映画


で訪れたフィンランドでの一ヶ月の様子が
ユーモアいっぱいに綴られています。

なによりも文才を感じました。
楽しくて、引き込まれます。

片桐はいりさんは、私の学生時代の先輩なので
勝手に身近に感じておりまが、
個性派俳優の先輩の様子は、
あの頃も同じ。

当時私は中2で、先輩は高3。そうとう目立っていました。
ある意味、すごいオーラ。そして勿論、演劇部。


演劇部と言えば、中3の時、演劇部のとても個性的だった
クラスメイトのMちゃんにはいろいろと刺激をもらいました。

忌野清志郎を愛し、オノヨーコを崇拝し、向田邦子を敬愛するMちゃん。

トイレ掃除が一緒だった時、清志郎のカセットテープをかけて
歌いながらのりのりで掃除。
モップがギター代わりとなって、ライブハウス化
していて、掃除も楽しかった。

オノヨーコの怪しい声のカセットテープもよく休み時間に
流れていて、すごい大人だな〜。って思ったっけ。

ある日の朝、
Mちゃんがクラスに到着するなり、
すごい血相で、だだだ〜っと黒板に大きく

『追悼 向田邦子殿!!』

とチョークで力一杯書き、その先は覚えていないけど
Mちゃんなりの追悼文が書かれていた。
遠東航空機墜落事故の翌日の出来事でした。

『向田邦子? なんて読むの?』

『しらないの??? むこうだくにこっ!!!』

私と向田邦子との出会い。

キリスト教の学校で、毎朝礼拝があり
ホール建設中のため教室に放送が流れての礼拝でしたので、
担任の先生が消そうとしていたけれど、

『消さないで〜!!』

とMちゃんが叫んで、そのままうちのクラス限定で
その日は『追悼 向田邦子殿』の礼拝だった事を
今でも鮮明に覚えてる。

刺激いっぱいの毎日でした。。。


話はそれてしまいましたが。。。
先輩の存在もかなり刺激的で、

その後俳優や表現者としてご活躍となり
『やはり。。。』と納得。

今日から10日間、仕事でフィンランドに行って来ます。
先輩のような素敵なマトカ(旅)となりますように!

■フィンランドを思い起こさせる、素敵な
ブックデザインです。

わたしのマトカ』片桐はいり著 幻冬舎

オサレに読む comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは
新刊のcomehomeをにんまりと手にして帰宅したら私の大好きな「私のマトカ」の話
すずめの話等ツボにはまりますよね
そしてうらやましいフィンランド
存分にお楽しみ頂いてブログで教えて下さい
佳苗さんのマトカ楽しみにしています
from. ちるちる | 21 |
ちるちるさん
こんにちは。
フィンランドより戻って参りました。私も素敵なマトカでした!
これからフィンランドの様子をアップしますので宜しかったら
見て下さいね!
from. kanae | 21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://watashiosare.jugem.jp/trackback/247
<< NEW | TOP | OLD>>