レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ロンドンの人はコーヒーが好き
イギリスと言えば紅茶です。が、

5年前にロンドンに行った時は
それほどではなかったけど
今は、おしゃれなカフェやコーヒーショップが
たくさんあってみーんなコーヒーを飲んでいます。

メニューはイタリアンカフェの様に
カフェラテやカプチーノなんてゆうのもありますが、

ロンドンぽいな〜と思うのが

ブラックコーヒー
ホワイトコーヒー

というところ。

ストレートティーをブラックティ、
ミルクティをホワイトティー、
というので、コーヒーもそんな名称になるんですね。



■テイクアウトのコーヒーショップも大にぎわい





■コーヒーの自家焙煎&ショップ
本格的でこちらも大にぎわい
ALLPRESS→




■コンランがプロデュースしたホテルに隣接したカフェ。
やっぱり人であふれてる。
ALBION→



■昔お肉屋さんの工場だったカフェ。
こちらでランチ頂きました。ホワイトコーヒーで。
となりはデリ。
■Leila's shop→

こちらは、すべてイーストエンドのエリアです。

オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
巨大なアンティーク倉庫
イギリスの旅でご一緒した天沼さんは、言わずと知れた
日本で初めて日常使いのカントリーアンティークを
イギリスやアメリカから輸入して”Depot-39”という
ショップを一躍有名にされた方なのですが、
今回当時買い付けをされていたお店へ伺いました。

ハリーポッターのホグワーツ行きの駅でおなじみ、
ロンドンのキングスクロス駅から3時間ほどの
エクセターという場所です。

巨大な敷地の中に家具、食器、小物、建材、
などがざっく、ざっく、と、所狭しと展示してあります。

宝探しの感覚でテンションが上がりっ放しでした!

実はこちらのお店、お店を初めた当時、天沼さんが
買い付けのため右も左も分からないイギリスに降り立ち、
どうした物かとまずは、ロンドンの書店で、”オールドパイン”
という本の後ろに掲載されてるショップリストに片っ端から連絡をして
行き着いたショップなのだそうです。

自力でしかも、海外で、書店で、、、って。
本当にすごいエネルギーですね!!

あらためて尊敬します!

そんな経緯でおつきあいを数十年。
オーナー、クリス氏との抱擁は
これまでの歴史を感じ、私まで
ジーンとしてしまいました。







■クリス氏と食事をしたイングリッシュパブレストラン。
天井のつぶつぶは、ビールのホップ!

■Fagin antiques
■オーナー クリス氏の住まいの様子は『Love customiser』で公開中!

オサレな旅 comments(0) trackbacks(0)
コロンビアロード フラワーマーケット
イギリスから帰ってきました。(1週間前に!)
現地では、毎日フル活動だったので
ころっと寝てしまい更新出来ずにすみません!

ちょっとばかりですが、少しづつ旅の様子をご紹介したいと思います。
2週間の滞在のうち、ロンドンにいるのが4日のみ。
あとは、電車で移動の1泊の小旅行を3カ所。。。ふぃー


で、到着の翌日は天沼さんとは別行動で、ロンドンの中でも
おしゃれな地域のイーストに行き、マーケットや可愛いお店、
ファッショナブルなロンドナー達を見てすごく刺激的でした。

実は、この旅には色々な目的があり、
通訳やコーディネートをお願いしたい日もありまして
ロンドンでデザイナーをしている同級生光ちゃんから
紹介して頂いた方が、私達の中高時代の先輩の坂本さん。

フィガロやエルジャポン、ペンなどのロンドン特集は彼女の
コーディネートがほとんどなのですよ!すごいでしょ〜

そんな素晴らしき先輩とご一緒させて頂き、
個人的な街歩きもコーディネートして下さいました。

まずはオールドストリート駅から徒歩15分くらいの場所にある
コロンビアロード フラワーマーケット。

ここは、真冬だと言うのに本当に色とりどりのお花がいっぱいで
とーっても素敵な場所!しかもめちゃ安くてとても素敵でしたよ〜。
かかえるのが大変なくらいの量のヒヤシンスも4ポンド!驚愕の530円よ!
こんなに安かったら気軽にお花を家に飾るなんて習慣になるのも当然だわ〜!!

今回は、フラット暮らしという事で、チューリップなど買って帰りました。
お花を持って街を歩くというのもなかなか良いものです。

この辺りはアンティークのお店や、インテリアやアーティストのお店、
おしゃれなカフェ等が沢山ありますが、マーケットのある土曜日だけ営業
しているという平日休みのスタイル。実に羨ましい!

チェルシーみたいな女の子が
ママが焼いたお菓子を自分の家の前で売っていたり、
イケメンが牡蠣を出店で売っていたり、いやーどこを見ても
素敵なんだな〜

とにかく、このあたりはおしゃれな人たちが多すぎ!!

坂本さんにロンドンの人ってすごいおしゃれですね〜と
行った所、『特にここはね〜。』とのお答え。

人を見ているだけでも楽しかったのです。

つづく。。。








オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
イギリス滞在記
イギリスに来ています。

すでに5日が経っており、満喫中です!
去年、デポーの天沼さんからお誘い頂いて、
同行させて頂いているのですが、

「ちゃんと仕事につなげなさい」

とのお言葉通り、半分仕事になりました。

滞在先は、ロンドンから地下鉄で30分程の
ハムステッドというイイ感じの
住宅地です。ホテルではなく、
フラットを借りて暮らしています。

食料はもちろん、トイレットペーパー
も調達しています。
すでに自分の家の様にリラックスして
とても快適に暮らしています。

まずは、近況の画像です!
あと、一週間程滞在するので
またご報告しま〜す。

追伸;初めてiPhoneで更新しています。
いつもと違っていたら、ごめんなさい?



















オサレな旅 comments(3) trackbacks(0)
Keep The City Clean!
こういうのも
いちいちかわいい
@フィンランド



オサレな旅 comments(0) trackbacks(0)
戦利品
北京的グルメを堪能しても

胃にもたれないのはなぜ?

。。。やはり、中国茶のおかげでしょう。

ということで、今回は茶器が欲しいと思い探す事に。

市場や街にたくさん売っていますが
ありすぎて、わからない。。。

こういうとき、知り合いがいると助かります。

信用のおけるお店で茶器を品定めしました。

小さな茶器は見ていて本当に楽しいですね。

よく見かける、背の低いおまんじゅう型?ではなく
縦長のかたちを選びました。

紫砂という素材ですが、使い込むほどに
艶が出ていい味になるんだそうです。

これで煎れるウーロン茶は本当に美味しいです。

■手のひらにすっぽりはいる小ささ。


■茶器は良いお値段(といっても1万円以下)しましたが
茶碗はひとつ10元。なんと130円なり。




オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
@北京 その1
北京より帰ってまいりました。

寒いと思っていましたが
どうやら、日本より暖かかったようですね。

そうそう、この旅は、プライベートです。

息子の同級生のお母さんが北京出身の方で
この春休みに子供達も一緒に遊びに行ったというわけです。
みんなで5名。
中学の卒業旅行って感じです。

4泊5日でしたが、
便利な羽田発で5日間ばっちり楽しみました。


さて、初日は日曜日の午後に到着だったので
まずは、腹ごしらえ。

初グルメはジャージャー麺です。

ガイドブックに載っているお店ではなく、
地元で愛されている名店で。。。

■沢山のお野菜。枝豆も入ってるんですよ!

■手前の味噌を混ぜてこんな感じ。おいしいの!

■小さな宮廷菓子は上品でとてもいいお味。



そして、土日しかやっていない、
潘家園旧貨市場へ。
ここでは、私のお目当て苗族の布があるので、
寄っていただきました。

子供達もいてじっくり買い物出来ないので
ちょっとだけ買いました。
ここは、一日いても飽きないテンションがあがりまくりの
場所なんですよ〜!

あ〜もっとゆっくり見たかった〜〜


■中国最大の古物市場。

■偽ものもいっぱいだろうけど、それも楽しいのよ。

■毛沢東の置物。


つづく。。。


オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
恋愛運UP?
とても天気のよかった、昨日

MIDORIの牧内夫婦と
静岡の河津桜を見に行きました。

満開!

かわいいピンクに
思わず

『こりゃ、恋愛運UP!! に違いなーいっ』

と叫びました。


恋をしたい方は、是非河津の桜を
見に行きましょう!!

行けない方は、こちらの写真で
我慢してね!

■菜の花の黄色とのコントラストもきれいい〜

■MIDORIの美しき牧内嫁、その先に、セバ氏と牧内氏

■恋愛運アーーップ!!!


オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
りふれーっっっしゅ
ここのところ
息子の高校受験のこととか
むすこのこうこうじゅけんのこととか

で。。。

気がもやもやとしていましたが
少しずつ良い方向が見えて来て
ちょっぴり安心してまいりました。

そんな矢先、
楽しいお誘いを立て続けに頂いて
久々に羽を伸ばしてしまいました。

気のおけない仲間達と
花金?のお楽しみ会、

そして、今日は、
友人と電話ではなしていたら
『これから温泉いこうよ!』
と2時間後に箱根にいるという
アクティブにあふれた一日。

途中、とっても美味しい甘酒を頂き、

芦ノ湖畔の『箱根神社』でお参り。

その後『SOLO PIZZA』でピザを食べ、

いつもの『天山温泉郷』へ。

今日は、檜風呂がすごくかっこいい
一休』でのんびり温泉につかり

ほんと、りふれーっしゅ。

もつべきものは、

『友』

ですね。

■アメリカーナな『ラスチカス』


■箱根に着いたらまずは
囲炉裏で甘酒。

■箱根神社でこころがすっきり。
息子に”何事にも打ち勝つ”という『勝守』を購入。
なかなか良いデザインでした。

■芦ノ湖にそびえ立つ『平和の鳥居』。
パワースポットでしょう。ここ





オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
ラボラトリオ
清里から、電車で松本入り。
1時間半。

セバス氏は、里帰り中の名古屋から車で松本入り。
2時間。

松本駅で待ち合わせして向かった先は、


お友達の井藤昌志さんのお店&住まい。

井藤さんは、今や売れっ子の木工作家さん。
今年の春までは、ご実家の郡上八幡にお住まいでしたが

こちらの気候と素敵な建物との出会いで
松本にお引っ越ししてきました。

到着すると。。。

さすが!!!

松本で最古のモルタル作りの建物。
以前は薬局だったそうですが、すべてが
歴史的に見ても素晴らしい建造物。

建物を生かしたリノベーションで
インテリアもすんごくオサレ〜〜!

私もセバス氏も絶叫の連続でした。

松本の新名所になること間違いなしです!

では、どうぞご覧下さい。。。

■中から入り口をみたところ。井藤さん作のベンチが静謐

■2階に上がる階段がちら見。どきどきする〜

■期待に胸が高まる階段。

■わお〜。井藤さんの作品と古いもの、洋服がアートのようです!

■モダンなシャンデリア、奥は厨房。

■こちらは、カフェスペース。日本じゃないみたい。。。

■井藤さんご夫妻。奥様は手作りのパンとお食事のご担当。
ちなみに、1Fには井藤さんの工房もあります。


一日中おつきあい頂いてありがとうございました。
夕食のおでん美味しかったです。ごちそうさまでした。
かいくん、のえちゃん、また遊ぼうね!


■『ラボラトリオ松本市大手1−3−29 不定休



オサレな旅 comments(2) trackbacks(0)
| 1/2 | >>