レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あれから一年。。。
気づいたら、あれから一年経ってました。。。

あの悪夢。。。

でも、ずっと昔の事の様で
すっかりとは言いませんが、
忘れていた事は確か。
最近忘れっぽいのもあると思いますが。。。

悪夢の入院から、復活後、退院して
今年もいろいろな事がありました。

そのほとんどは、楽しい事が多かったような気がします。
だから忘れてたのかな?

といっても、GW明けに再発してまた入院してしまったけど。。。

困った事は、恐ろしく自分の身体に変化があった事。

入院して何も食べられなくて40日近く
筋肉も落ちてやせてしまった事は言うまでもないのですが
退院してから、ステロイドの大量投与のおかげで
やせた以上の回復で、劇太りしてしまいました。

これも悪夢。。。

そんな時に人前に出る事も多かった今年は
自分が嫌になる事もありました。

退院後半年経って、薬が半分になったところで、再発。
又振り出しに戻って、今ようやく半分になりました。

入院前の薬の量に戻るには、
あと一年かかりそう。

最近私だけじゃなく、周りからも、
病気の話を聞くようになりました。
40歳過ぎて、急に。
やっぱり、ステロイドを投与していて、
ムーンフェイスに悩んでるって。

見た目には分からないけど、
病気を抱えている人って多いと思う。

健やかである事。
これがなにより一番だと
改めて思います。

いまはとても元気。

病と闘う(つきあう?)スタイリストして
来年も頑張りま〜す!





オサレな入院 comments(3) trackbacks(0)
退院でえす!

やったね。
退院です♪

入院中、あたたかいコメント・メール・お手紙・お見舞い・・・。
本当にありがとうございました。

まさか、再発するなんて夢にも思わず
二度と、この病棟に来るもんか!と
誓った私ですが、ホント何が起こるかわかりません。

だって、明らかに
食生活だって改善しているし、
仕事も無理はしていませんもの。

でも、ダメなときはそう身体が教えてくれたということでしょう。

今回の入院はなんだかんだで3週間。
去年の大病は6週間だったので
単純に半分だけれども、元気なわりに長かったと思いませんか?

昨日の夜
今回の入院のおさらいと
今後の治療方針について主治医のYセンセ
とお話ししたところ、

う〜〜ん、なるほどね。

と長引いた理由がやっとわかりました。

再発って怖いのよ・・・。

それはね・・・

病室

■なんて便利なの!携帯って!
これでワンセグ&FMラジオがOK!
う〜ん去年もこうすればよかった〜。

そして、今回のお供マグは、イイホシユミコさんのもの。
たっぷり入るし可愛いでしょ?
コースターはsvajaのノベルティ。



続きを読む >>
オサレな入院 comments(4) trackbacks(0)
わかんないことだらけ

調子がいいなと思っていたら
ちょっと容体が怪しくなってしまいました。

火曜日頃は、今週末にでも退院ですね
なんて先生も話してたのに・・・。

入院して薬も増量したのに
また肺に水がたまっちゃった。

そして今回は仕切りなおしってことで
金曜日から3日間

『パルス療法』

っていう恐ろしい量の
ステロイドを投与する事になりました。

昨日はその影響あってか
高血糖にもなり不眠になやまされ、
夜中看護師さんに眠材を頂いて眠りに着きました。

荒治療だけど上手くいけば
今度こそ来週の金曜日に退院だよ!

『せんせ〜、私こんなキャラじゃないんだけど、かっこわる〜』

『いや〜』

『なんで入院してるのに又水がたまっちゃうの〜』

『いや〜』

『なおんないの〜』

『いや〜』

世の中には、わからない事が沢山あるモノだ。
それをひとつひとつ解明できたら、それはそれで
面白くないんだろうね。

自分のことさえわかんない。

それも楽しむべきか・・・。

おみまい

■セバス氏がお見舞いに持って来てくれた小さなお花。
なごみ系です。

オサレな入院 comments(7) trackbacks(0)
家っていいね。

今日は、息子の学校で
進学説明会&修学旅行説明会があったので
病院に外出許可を頂いて、外出しております。

ついでに、またまた家に戻っておりまあす。

修学旅行は、このインフルエンザの騒ぎで
9月に延期になってしまいました。残念ね。

家に戻ってみると、
『あっ、帰ってきた』っていう感じがします。

一軒家って、
マンションと違って、階段や、廊下
小さな窓、柱・・・等がいっぱい。

引っ越してきたうちは、建具との距離感
みたいなものに違和感を感じてました。

友達に、いわれた事

『その土地の気が強いうちは、そう思うもの。
時間が経てば、自分の気が勝って、
きっと慣れるから大丈夫。』

確かにその通り。

いつからか、すーっと
馴染んできた気がします。

いまや、すっかりこの土地になれたし、
商店街ではお馴染みのお店も出来て

入院するの。

っていったら、
これもって行きなさい!って
試供品いっぱいくれたし。笑

そんな快適な生活も
気に入った空間にしたいという
ささやかな思いで
プチリフォームしてみたりして
賃貸生活としては満足しています。

もうちょっと、
手を加えたいところもあるけれど
少しずつね。

はけ

■プチリフォームで御世話になった、
かっこよくておしゃれなペンキ

ポーターズペイント&専用の刷毛

ペンキは、勿論だけど
この刷毛は、ホント世界一!
いい道具はいい結果を生みますよ〜!!



オサレな入院 comments(0) trackbacks(0)
再発〜?!

えエ〜〜!!

去年の大病が再発してしまいました〜!!!

びっくりでぇす!!

なぜなぜ??

GW中に右の肋骨の辺りが痛かったのですが
勝手に肋間神経痛だと思い込んで
ほったらかしにしておりました。
でも痛くて眠れない日もあったので
やっぱり、病院にいきますか・・・。
と観念した結果。

『再発』・・・

胸膜炎になってしまい
また肺に水がたまってしまいました・・・。とほほ。

素人の勝手な診断はいけませんね。

という事で、本日より
まさか?!の

『入院』です!

2回目という事もあり、
用意周到ですよ〜今回は、笑。

まずは、
調味料。

食いしん坊の私はここからスタート。

自然塩
亜麻仁油(サラダやパンに)
お手製苺ジャム
のり

それと、
近所のお茶屋さんの
煎茶と番茶のティーパック
抹茶の粉末
水出しコーヒー
お気に入り豆乳

などなど

病院の食生活に
イマイチを感じ、???だらけなので
出来るだけ日常の食事に近いものを
摂りたいと考えています。

その他、まだまだありますが
かなり準備万端。

昨日の夜は、
家族会議を開きながら、
息子の朝ごはん用に
15穀米でご飯を炊いて
おにぎりを大量に作りました。
(もちろん、私の分も)

まずは、安静にして
2週間で退院を目指します〜!

実は、引っ越した家が
病院の目と鼻の先。

AIR EDGEが壊れたので今回は
PCを病室には持ち込みません。
散歩がてら、こっそり家に戻って
ブログ更新しちゃおうかな〜って思っています。

お仕事を急遽キャンセルしなければならず、
関係者の方々にご迷惑をお掛けしたしましたが、
必ずや完治して、復活!します。

頑張るで〜

息子ナポリタン

■母の日に息子が作ってくれた『ナポリタン』
こんな食事が最高に贅沢。






オサレな入院 comments(0) trackbacks(0)
創作意欲ってすごいのね

入院中、ぱーっと気持ちが晴れた時の事を思い出しました。

6人部屋から2人部屋へ移る事になった日の未明(11月13日)、
実は、真夜中の激闘中、気がつくと、私は救命救急センターにいたんです。
あー思い出しただけで息苦しい・・・。

意識がもうろうとして、気持ちも落ち込んでいましたが、
朝、病棟に戻り、2人部屋へお引越し。

この日ばかりは、わがセバス氏も病院から呼び出しが
かかったらしく、朝から来てくれたっけ。

『あっ、そうそう。』と、持って来てくれた、
たまりにたまった郵便物の中から、
おっ?   
今年、インドに一緒に旅したテキスタイルデザイナーの
光ちゃんの著者本が。

『あ〜、光ちゃんの本だ〜。可愛いぃ〜〜!!』
とっても、嬉しくなって、両腕に刺さった点滴の針の事など忘れて
ぱらぱらと何度も見入っていました。

手芸の本は、見ているだけで楽しいですね。
創作意欲もわいてきて、つまり生命力がアップするんです!
それに、何度も見ていると、作った気になってしまう(笑)。
ホント、元気になります。

光ちゃんは中・高の同級生ですが、
お見舞いに来てくれた、同じく同級生のお友達に
『見て!見て!』って教えてあげました。

その時は、病室もとても和やかでした。
光ちゃんの本の効果すごかったよ!

hikaru niguchi ニットワーク 野口光著 日本ヴォーグ社

イギリスで活躍する光ちゃんの手編みニット集。
光ちゃんらしい編みこみの柄や色使いが楽しい一冊。
本中のオリエンタルちびっ子は、光ちゃんの娘サビちゃん。


■hikaru noguchiのHP

nitto



オサレな入院 comments(0) trackbacks(0)
壮絶!40日間

本日退院!

40日間の入院生活でした。

自分のためにおさらいをしておきたいと・・・。
やや、せきららなのでご興味がおありの方のみ
お読みください・・・。



10月31日
そもそも、
『卵巣脳腫茎捻転』(腫れた卵巣がねじれる現象)
で救急車で運ばれた私は、緊急手術を行い
右の卵巣全部と左の卵巣を一部摘出し
婦人科に入院しました。

11月2日
その後に、なぜか、胸の痛みと息苦しさが加わって
手術の傷口より、その痛みと戦っておりました。

痛い!苦しい!
『い、痛み止めくださぁ〜〜い!!!』
と3日3晩うなされてた診断結果は、
膿胸といわれる『胸膜炎』。なんらかの感染です。
肺が膿み、水がたまるという現象がおきてしまいました。
その量うそでしょ?の2リットル?!

11月5日
呼吸器内科の主治医と、私の持病(SLE)の関連も
疑わしいので膠原病の主治医がつき、治療に当たってくれました。
何が起こっているのか、良くわからなかったけど、
『あ〜助かるんだ〜』とひとまず安堵しました。

11月12日
抗生物質を投与し、少しずつ炎症は抑えられたようですが
肺の水が一向に減らず、呼吸器の先生より、
『治療の限界です。今日管を通して肺からお水を出しましょう。』
きょ、今日?今から?

外科の先生が研修医を引き連れてやってきました。
プチ手術です。
肺に穴をあけて直径1.5cmくらいのカテーテルを差込まれました。
出てくる液体は、『お水』とは程遠い、
アセロラドリンクのような赤い液体&白い膿
一度いれたらジャーっと出るのかと思いましたが、
ちょろちょろっという感じで、何日間か
管は入れっぱなしだと聞かされました。

このとき私は、ほぼ放心状態で、
処置が痛いとか、研修医がしらーっと見ていた事とか
そんな事はどうでも良くて、ただひたすら、
病室に戻って号泣していました。

『婦人科にいるのに、なんでこんな事になっているのよ?』
情けないし、悔しいし、とにかく涙が止まらない。

しかし、この後も容赦なく
私に不幸が襲い掛かるのです。

・・・・く、く、苦しいっっ>>>>

痛いんじゃなくて、この上なく苦しい。
息が出来ない。なにこれ??!!

苦しいよぉ〜〜〜・・・・
助けてぇ〜〜・・・・

ナースコール、激押し!!!

・・・その日の真夜中、ベッドごと病院中の
あらゆる検査室を駆け巡り
沢山の先生に取り囲まれて、
何がなんだかわからないまま
半分意識不明。

11月13日
翌朝、うとうとしていた私が目を覚まし
先生から聞いた言葉が
『石井さん、心臓にお水がたまってます。あと、逆側の肺にもお水が・・・』
『・・・』
この時点で死ぬと思いました。
体中に水がたまって溺れ死ぬんだ私。

みると、両手に沢山針が刺さっていて
その脇には、豪華シャンデリアのごとく
ぴっぴっとなる機械や点滴がぶら下がっており、
サイボーグ人間が生まれる瞬間みたいになっていました。

心臓の水の原因は、私の持病(SLE)だそうで、
外的&精神的ストレスで、私の免疫が
自分を攻撃してしまったということなのでした。

私の治療方針が
ここで何が起こっても大丈夫なように
万全体制になりました。

6人部屋から2人部屋に移されました。

そして、この日を堺に
『い、痛み止めぇ〜!』の
ナースコールはなくなり

11月14日
入院以来もっとも穏やかな朝を迎えたのでした。

11月15日
カテーテルを抜き、更に快方へ。

その後、
11月18日に呼吸器内科へ移動、
11月26日に膠原病科へ移動。

一本一本点滴の針が取れ、内服薬に代わり

11月28日
ブログ再開となったのです。


生きている限り、何が起こるかわからない。
そう実感した40日。
壮絶!激闘!!

きっときっと、この経験は私に何か大きなものを
残してくれたはず。(と思いたい。)

私を、助けてくれた
婦人科 若山富三郎似のK先生、高島ちさこ似のT先生、
呼吸器内科 フェミニンなS先生、男前なO先生、点滴が下手なO先生、
膠原病科 大先生K教授、知り合いに似たK先生、おしゃれな小島よしお(笑)似のM先生。

そして、大勢の看護師さん
お見舞いを送ってくださったお友達
駆けつけてくださった、皆様。

そして、なにより、私の家族。

ありがとうございました。

本日退院!
私、良く頑張ったよね◎。

病院

オサレな入院 comments(15) trackbacks(0)
お試し中

ただ今、実家へ”お試し外泊”中です。
(試しに外泊してみて、調子がよければ退院というもの)
昨日の夕方戻りました。

家での夕食に、
ご飯とけんちん汁とひじきの煮物
を母にリクエスト。
・・・おいしかったぁ。

今日は、午前11時と午後2時の2回、
近くの公園にお散歩しました。
息子が付き添ってくれて、
半分以上お互い無言だったけど
なんか嬉しかった。

途中で、焼き芋やさんがいて
一個買った。
おじさん50円おまけしてくれた。

自然の甘味って優しくて心地いい。
お見舞いで頂いた有機栽培の
りんごジュースやみかんの
甘味も丁度よかったな。

あ、あと2時間ばかりのんびりしたら
病院へ戻るんだわ。
ナースステーションに
『ただいま』とか言うんだろうな。
どっちが私の居場所なんだろう。

まだ良くわからないのよ・・・。  

みかん




オサレな入院 comments(2) trackbacks(0)
心もハート

『フウセンカズラの種よ。春になったら蒔いてね。』
と、優しい声で渡してくれた、ライターの伊藤さん。

伊藤さんの表現される、暮らしを丁寧に切り取って、
じんわり、あったかーい文章が私は大好きです。

昨日、お忙しい中、駆けつけてくださいました。

たくさんの伊藤さんらしいお見舞いの中から
ひとつ。

直径4mmくらいの黒い玉になんと、ハートのマーク。
こんなうそみたいな種があるんですね。

見れば見るほど可愛いなぁ・・・。
ハッピーになれそうです。


そ、そして、本当にハッピーな出来事がっ。

週末の”一泊お試し外泊”。
この外泊が成功し、
月曜日の検査結果が良ければ
退院!だそうです。
ぃやったぁ!!!

ハート効果、素敵っ!

種



オサレな入院 comments(0) trackbacks(0)
北欧ふう?

風邪が流行っているようですね。

私も、主治医から、
うがい&手洗いはこまめにするようにと
言われています。

そこで処方されたうがい薬。

おやおや、イソジンかと思ったら、
なんとも可愛いパッケージ。

HUDSLAVAというスウェーデンのリップクリームといい
フィンランドのムーミンマグといい
グリーンの色調が北欧風?
これは、北欧の森の色?
キシリトールな感じ?

でも、『Neostelin Green』という純日本製。

つまらないことだけど、
パッケージが可愛いとテンションがあがるのだ。


うがい薬


オサレな入院 comments(2) trackbacks(0)
| 1/2 | >>