レンタル
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
猫語の教科書
昨日女性誌の取材がありましたが
最近のお気に入りを聞かれた時真っ先に紹介したのが

『猫語の教科書 共にくらためすやさしい提案』という本。

まずとても写真が素敵です。
やさしい空気が流れいています。

あ。そうなのね、ということも
教科書どおりに行かないことも
すべてがとても良い感じ。

今日も朝から気ままに家と外を行ったり来たりしている
ポポとメグとはなお。

どうやら、縄張りは二重構造になっているらしく
自宅と庭のまわりのプライベートエリア。
自宅から半径500メートルから4キロまでのハンティングエリア

最近はお互いの顔見せが終わったせいか近所の猫達と
確認の挨拶をかわしてやり過ごしています。

しかしプライベートエリアでは確かに他の猫に対して
かなり強きにシーーとかシューーとか言って威嚇しています。

この本を読み終わる頃には今まで以上に猫達が大好きになっていました。
猫をかっている方には大変おすすめです。








オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
ビルケンx福田屋
今日、ビルケンシュトックの2012春夏コレクションの
カタログ一式が届きました。

カタログとは別に一昨年から、シーズンフォトブックを
発行しているのですが、去年はわたくし、恥ずかしながら
出演させて頂いたのですが。。。

今年のテーマは、
『FAMILY TREE』

昨年の震災で改めて気づく家族や地域社会との
“共同体”や”つながり”について素敵な写真と文章で
綴られています。

中をめくってみると、な、な、なんと!
私の幼き頃からの心のオアシス

福田屋』さんが出ていました〜!
おじさん素敵〜

やっぱりね〜
ここですよね〜
遠藤さん!(ビルケンのディレクター)

うーー
アイスモナカ(あずき)食べたくなったじゃないかーーー!!!

■ちなみに、コレクションカタログの撮影は
おしゃれカメラマンの加藤新作さんです!

■ふくだやーー

■5年目に突入のフェルトのボストン。
室内履きとして愛用。
穴があこうが、シミが付こうが、これですよ!


■ビルケンシュトックジャパンのHP→



オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
今年最後かな?
クリスマスのお昼、
いつものかねよ食堂に行って来ました。

ここには今年、本当に楽しませてもらったな〜

こんな素敵な所が近くにあるなんて
本当にラッキーとしかいいようがありません。

冬の今は、室内スペースを増やして
ストーブたいて、ぽかぽか。

この日の夜はクリスマスパーティで、
私は参加しませんでしたが、
オーナーのJHONさんが、
沖にあがった海藻でオブジェを作ってました。

私は、砂浜で拾った流木を持って帰ろう。

サンクス かねよ♡
来年も楽しませてもらおっと。








オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
模様替えをした理由その1
8年ぐらい前に購入したBOSEのコンポ。
結構場所取るし、コードはいっぱいあるし、
ウーハー(?)ってゆう低音を出すスピーカーは
どでかいし。。。

コレを思い切って譲る事に。

その代わりに
iPhone4Sにしたので、手元に残った3GSを
音楽プレーヤーとして生かして
かっこいいスピーカーがあればそれでいいわけで。。。

たまたま立ち寄ったビックカメラで
見つけましたよ。かっちょいいの。

やはり、BOSE。

iPhoneがそのままワイヤレスでリモコンになる
Bluetoothを利用したスピーカー。
手元で操作出来るから本当に便利!!

とても手軽に音楽もradikoも楽しめます。

Bluetoothは、あまり音が良くないと言われていますが、
これは、ピカイチに良いです。
高音、低音とも、私的にはまったく申し分ない音質です。

デザインも、昔のスピーカーを彷彿とさせるし、
モバイルも出来て、カバーが革というなんとも贅沢な仕様。

オーディオがコンパクトになると
模様替えもスムーズ〜〜♪



■BOSE 
SOUND LINK 
WIRELESS MOBILE SPEAKER
オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
MHL. x CONVERSE
やっぱり買ってしまったのだ。。。

どうしよっかな〜
と悩んで、横を通り過ぎるわけに
いかなかったのよ。。。

マーガレットハウエルとコンバースのコラボ。

洗いかけて、
くたっとした薄い生地は、
柔らかい白。。。

あの、はずかしい、ぴっかぴかの白でもなく、
あの、黄ばんだ生成りじゃなく、

いい色なんだな〜
ちょうどいいんだな〜

ちなみに、黒もあって、
こちらも、いい感じの墨色。

中敷きは外せるし、
紐は2種類ついてるし。

コンバースのロゴも
ワントーン抑えた赤。

やってくれるよね。
うまいよね。

ローカット派の私。
ハイカットを履くのは、
中学生いらい。。。

で、調子に乗って
ヒョウ柄のソックスに合わせてみました。




■マーガレットハウエルHP→

オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
Mi amas TOHOKU
『ミ アマース トーホク』

エスペラント語で
『東北が好き』
を意味するそうです。

ポートレートを撮ってくれた、
仙台出身のフォトグラファーの
みやっちこと、宮濱さん
送って下さいました。

これ、超かわいいです。

[温泉に生きたい
こけしに会いたい
イーハトーブに行きたい
スキーがしたい
芋煮がたべたい
なまはげに会いたい
山に行きたい
りんごが食べたい

東北が好き I love TOHOKU]

かわいいくてさりげない支援。
如何でしょうか?




■仙台の編プロ 『SHOE PRESS』→
オサレなお気に入り comments(2) trackbacks(0)
珈琲ポット
世田谷の『夏椿』さんに行ってきました。

撮影用の品物をピックアップするついでに
私の大好きな陶芸家市川孝さんの
展示会も拝見しました。

久しぶりに市川さんにもお会い出来て
相変わらずの人柄の良さにほのぼの。。。

この日、思わず欲しい!
と目についたのは、珈琲ポット。

市川さんの陶器は保温性が高く、
さめたときに火にかけて
温めることも可能です。

使えるし、
形も抜群!

手に吸い付くような取手は
とても持ちやすくて
手作り感溢れる木の蓋も
味があります。

デザインよりまずは使い勝手。
テーブルにのせたときに自然になじむ。

そこが、市川さんの器の魅力です。
だから、我が家でも出番が多いのです。

新メンバーのこれ!
これからの季節、
ヘビーユーズ間違い無し。




■市川孝さんの展示会『夏椿』9月25日まで。
オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
市場かご
今日の朝、
注文していた市場かごが届きました。

竹で編まれた市場かごは
最近はおしゃれな雑貨屋さんなどでも
良く見かけますよね。

先日市場かご原産の鈴竹がある
岩手県に行ってきましたが、
現地でもなかなかぐっとくる物が
なく結局買いませんでした。

ところが、
先日、仕事でお世話になった
麻布の『designshop』さんで、
これぞ!という市場かごを見つけちゃいました。
もちろん岩手県で作られている物です。

どれも同じでしょ?

と思うでしょうが、いえいえ
違うんですよ〜

まずは、取手。
よく見るのは、ビニールホースみたいなのがかかっているものや
ひも自体がビニールだったりするんですよね。

こちらは、太い麻ひものまわりに藤が巻いてあって
なおかつ、かごのふちにも巻いてあるんです!

鈴竹と藤のコンビネーション。これがかわいいんですよ〜

そして、なにより編みが細かくてとってもきれい!

そのうえ、私が買った39cm以上のサイズの底には
竹が組んであって、へたらないようになっているという
心憎い補強がなされております。

こちらは、車に積んで、お買い物などに役立てようと
思っております。かなり気に入ってしまったので
大きさ違いも買っちゃおーかな〜なんて
また余計な事を考えております。。。






オサレなお気に入り comments(0) trackbacks(0)
LOVE パッケージ
イギリスのかわいくて古い食器を専門に扱う
UK STOREROOMさん。

先日、撮影用のリースに伺った際に
こちらでルイボスティをごちそうになりました。

『今度うちで輸入販売する事になったんです。
どうぞ家でも召し上がって下さい』
と、頂いてしまいました〜。

その、パッケージの可愛い事♡
『TICK TOCK』っていうネーミングもいい感じ。

南アフリカ原産のルイボスティは、ノンカフェイン。
ミネラルが沢山入っているので老化予防の活性酸素を
除去する作用に優れているんだとか。

しかも、こちらのメーカーは100年前にイギリスに持ち帰って
世界に紹介したというパイオニア的存在なんですって!
イギリスでは、普通にどこのスーパーにも置いてあるそうです。

ティバックも、麦茶みたいな大きさで新鮮!

そのうち、オサレなショップに並ぶんじゃないかしら〜?


オサレなお気に入り comments(2) trackbacks(0)
ムーシノイヤ
フィンランドのヴァンター空港での事。

帰国時の手荷物検査に何度もひっかかって、
4回ぐらいやり直し。

その原因は、ポテトマッシャー
(じゃがいもをつぶす棒)でした。

porvoという街のセカンドハンドショップ(リサイクルショップ)
で20セントで購入したものです。えーと25円くらい。

検査官に、
『これは凶器になるね〜』ですって。

遠くでこの様子を心配そうに伺っていた

彼女達を指差して、
『じゃあ、彼女に渡して!』と。

受け取ったカヤさん
『送ります〜』と棒を振る。

『いいよぉ、あげる〜』と私。

2ヶ月後。。。

姉上のまやさんが、フィンランドから
運んでくれました。

受け取った時、
その街や、様子がふわ〜って蘇ってきました。

たった25円ですが、思い出はそれ以上。
小さくても、気に入って手に入れた

”モノ”

には素敵な記憶がプラスされます。

”モノ”

ってそういう役割があるってこと、
改めてわかった気がする。


■ひとめ見て、こけしっぽい〜と気に入ってしまったのでした。
フィンランド語で こけし=ムーシノイヤ

■カヤさんが、預かってくれていた時のフィンランドの様子はこちら→

オサレなお気に入り comments(2) trackbacks(0)
| 1/4 | >>